ボーム&メルシエの腕時計はなぜ安い?本当の理由

当ページのリンクには広告が含まれています。

【PR】ノルウェー発祥の”キャンドル” TENDERFLAME(テンダーフレーム)

目次

ボーム&メルシエが安い理由をまとめてみた


ボーム&メルシエ (Baume & Mercier) は、多くの高級時計ブランドと比較して、
リーズナブルな価格帯で製品を提供しています。

なぜ安いのでしょうか。その理由を多角的に考察していきましょう。

 

ボーム&メルシエが安い理由その①ポジショニング

まず、一口に高級時計と言っても、その価格帯は幅広いです。
つまり、そのブランドがとっているポジションというものがあります。

ボーム&メルシエは、高級時計ブランドの中で言えば、
おおむね中級のポジショニングを目指していると考えられます。

極端に言えば、パテック・フィリップ(Patek Philippe)、オーデマ・ピゲ(Audemars Piguet)、
ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)など、

こうしたトップブランドと比較すると、価格帯が異なるため、必然的に安価に感じることがあります。
しかしこれはボーム&メルシエが良くないブランドだからではなく、そういうポジションだからなのです。

これにより、多くの消費者はボーム&メルシエを「身近なラグジュアリーブランド」として認識し、
結果的に最初の高級時計として選ばれるポジションを確立できていると考えられます。

いわば一種のマーケティング戦略ですね。

 

ボーム&メルシエが安い理由その②ムーブメント

ボーム&メルシエがなぜ安いかという理由の二つ目として、ムーブメントが挙げられます。
ムーブメントは時計の心臓部と言える部品です。

ボーム&メルシエの場合、一部のモデルでは自社製のムーブメントではなく、
第三者から供給されるムーブメントを使用しています。

ここにリーズナブルなムーブメントを採用した場合、
自社製のムーブメントを持つブランドと比較して、コストを抑えられる場合があります。

ボーム&メルシエは、その歴史の中でさまざまなムーブメントを使用してきました。
一部は自社製であり、一部は第三者から供給されるものです。

広告



ETAムーブメント

ボーム&メルシエの多くのモデルは、
Swatch Groupの一部であるETAのムーブメントを採用しています。

ETAは、スイス時計業界で広く利用されているムーブメントを提供する会社です。
リーズナブルな割に品質と信頼性が高いことで知られます。

Valjouxムーブメント

ボーム&メルシエの一部のクロノグラフモデルは、Valjoux 7750ムーブメントを使用しています。
自動巻きクロノグラフのムーブメントとしては比較的ポピュラーなようです。

Sellitaムーブメント

ボーム&メルシエには、Sellita(セリタ)のムーブメントも採用されたことがあるという話も目にしました。
セリタは、ETAと同じく汎用ムーブメントを他社に供給するスイスメーカーです。

自社製ムーブメント

かつては、ボーム&メルシエも自社でムーブメントを製造していましたが、
近年ではこのようなムーブメントの開発や製造は少なくなっています。

しかし、ブランドは特定のモデルや限定版の時計で
独自の技術や特性を持つムーブメントを使用することもあるようです。

汎用ムーブメントで品質は大丈夫?

ボーム&メルシエが採用しているのは、汎用ムーブメントといっても
信頼性が高いスイスメーカーのものです。

また、供給されるムーブメントを使用する場合でも、
ボーム&メルシエはその品質に厳格な基準を持っています。

ムーブメントを供給先から受け取った後に独自のテストや調整を行い、
時計の精度や耐久性を確保しています。

ですので、品質は問題ないと考えられます。

 

ボーム&メルシエが安い理由その③素材や装飾

トップエンドの時計ブランドは、希少な素材や高度な技術を用いた装飾を多用することがあります。
例えば、素材で言えば金やダイヤモンドなどですね。

技術で言えば、永久カレンダーやムーンフェイズ、
トゥールビヨンといったいわゆる複雑機構というものが挙げられます。

これが高価格の一因となるということは言うまでもないことです。

ボーム&メルシエの時計は比較的シンプルであり、
このような高価な装飾を採用することは少ないほうだと思います。

もちろんラグジュアリーなモデルはありますが、シンプルなものが多いです。
これが値段の安さにもつながっていると考えられます。

だからといってボーム&メルシエの時計が美しくないわけではなく、
文字盤の仕上がりなども美しいです。

また、ボーム&メルシエの一部のモデルは、透明なケースバックを採用しており、
ムーブメントの美しい動きや仕上げを直接見ることができます。

 

ボーム&メルシエが安い理由その④ブランドの歴史

一部の時計ブランドは、その長い歴史や高級時計製造のノウハウに価値を見出し、
プレミアムを付けて価格を高く設定しています。

もちろんそれはぼったくりではなく、職人の技術とブランドの歴史に対する対価です。
ただ一方で、手に届きにくくなるのは確かだと思います。

ボーム&メルシエも長い歴史を持つブランドですが、
他のブランドと比較して、その価値を高価格に転嫁することは少ないと感じられます。

消費者目線で見れば、良心的な高級ブランドともいえます。

 

まとめ

ボーム&メルシエはそのクオリティやデザイン、
ブランドの伝統などで多くのファンに支持されている高級時計ブランドです。

単純な価格ではボーム&メルシエより安く、
機能性も豊富な時計ブランドはいくつもあるかもしれません。

一方、価格だけでなく、その他の要因も合わせて考慮すると、
非常にコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

BAUME & MERCIER(ボーム&メルシエ)
¥359,100 (2024/05/30 11:32:14時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次