MENU

カインズとニトリを比較。どっちがいい?

当ページのリンクには広告が含まれています。

【PR】ノルウェー発祥の”キャンドル” TENDERFLAME(テンダーフレーム)

目次

カインズとニトリなら家具・日用品はどちらで買うべきか比較してみた結果

新しい生活を始めるに当たって家具や日用品を揃えるのに足を運ぶお店として、
「カインズ」や「ニトリ」が挙げられます。

では家具や日用品を揃えるならカインズとニトリどちらが良いのか比較してみましょう。

 

家具や日用品を扱うお店としての規模が大きいのはニトリ

家具や日用品を取り扱うお店としての規模を比較すると、
カインズよりもニトリの方がやや大きいです。

カインズは1989年に、総合スーパーである「いせや」から分社独立する形で創業します。

群馬県伊勢崎市に1号店を出店したのを皮切りに全国へと店舗を展開、
2000年にはホームセンターとして業界トップの売り上げを記録しました。

2024年現在、47都道府県すべてではないものの全国に230を超える店舗を
展開しており、2022年の売上高は5100億円超です。

カインズはベイシアやワークマンと同じでいせやを母体とする「ベイシアグループ」の
一員で、ハンズ(旧東急ハンズ)を子会社に持っています。

ニトリは1967年に「似鳥家具卸センター」として創業、
1986年に現在のニトリに商号を変更しました。

1993年までは北海道内のみでの店舗展開でしたが1993年以降全国展開し、
2024年現在は北海道から沖縄まで700店舗以上となっています。

2022年の売上高は6400億円超と店舗数と売上高でカインズを上回っており、
お店の規模としてはニトリの方が大きいのです。

ただベイシアグループ全体と比べるとベイシアグループの方が大きいですから、
カインズはニトリよりも大きな後ろ盾を持つという見方もできます。

 

価格で選ぶならカインズ

家具の価格を比較すると、カインズの方が安いです。

例えばダイニングテーブル、カインズの公式オンラインストアでは
・幅 115cm
・奥行 75cm
・高さ 72cm
というサイズのものが約15,000円で販売されています。

ニトリの公式オンラインストアでの
・幅 120cm
・奥行 75cm
・高さ 71cm
というほぼ同じサイズのダイニングテーブルの価格は約27,000円です。

2人掛けの肘掛付布張りソファ、カインズでは
・幅 129cm
・奥行 65cm
・高さ 63cm
というサイズのものが約18,000円で販売されています。

ニトリでは
・幅 131cm
・奥行 76cm
・高さ 78cm
というサイズのソファの価格は約3万円です。

ダイニングテーブル・ソファともにニトリの方がややサイズが大きいものの、
価格はカインズの方が1万円以上安くなっています。

もちろん品質の違いがあるので単純には比較できませんが、
同じ種類・サイズの家具であればカインズの方が安く買える可能性が高いです。

一方、ニトリは楽天やYahoo!など、大手モールにも出店しており、
楽天ポイントやPayPayポイントをためている場合は魅力的です。

ニトリ(楽天市場店)

ニトリYahoo!店

 

持ち運びやすいのもカインズ

部屋に家具を運び入れる際や部屋の衣替えで家具を移動させる際に、
持ち運びやすいのもカインズです。

先に価格を比較したダイニングテーブルの重さは、カインズが18kgなのに対してニトリは23kgとなっています。

ソファの重さもカインズが14kgでニトリが25.5kgとニトリの家具の方が重いです。

20kg未満なら一人で運べないこともありませんが、
サイズも考えると20kgを超える家具を一人で持ち運ぶことは難しいと言えます。

配送料を節約するのに自分で運ぶ、いずれ部屋の衣替えをする可能性がある
といった場合は軽いカインズを選ぶ方が良いかもしれません。

 

基本送料はニトリが安いが、送料無料の基準はカインズが低い

店舗で大型家具を購入した場合やオンラインショップで家具を購入した場合の送料は、
ニトリの方が少し安いです。

ニトリの基本送料は550円で、カインズの基本送料は購入金額が2,000円未満は
1,000円で2,000円以上は500円となっています。

購入金額2,000円以上ならカインズが安いものの、
購入金額に関係なく送料が一律のニトリの方がおトクと言えます。

ただニトリもカインズも一度に一定金額以上購入すると送料が無料になるのですが、
その基準はカインズの方が低いです。

ニトリで送料無料にするには総額11,000円以上の買い物が必要ですが、
カインズは総額5,000円以上で送料無料となります。

 

ニトリには組立設置サービスがある

ニトリには家具・家電の組立設置サービスがありますが、
カインズには基本的に組立設置サービスはありません。

厳密に言うとカインズでも組立設置サービスを利用できますが、
カインズリフォームという別の会社に依頼する必要があります。

最近は組み立てが必要な家具類も多く、
組立作業を省くことで家具の販売価格を抑えています。

組み立て自体はそれほど難しくないものの、専用工具が必要で、
慣れていない人だと一日作業になってしまうこともあるのです。

自分で組み立てられるならカインズでも良いですが、
お金を払っても組み立ての手間を省きたいならニトリがおすすめです。

 

まとめ

カインズとニトリを比較しましたが、
今回の比較ではややカインズが有利といったところでしょうか。

ただニトリも決して悪いわけではなく、
家具販売店としての知名度と付帯サービスはニトリが上です。

価格の安さやシンプルさを重視する場合はカインズ、
コスパや品質、ブランド性を重視する場合はニトリという選び方もできます。

どちらか一方に決め打ちするのではなく、
それぞれで気に入った家具や日用品を購入するのも良いかもしれません。

また、ニトリは楽天やYahoo!など大手モールにも出店しています。
楽天ポイントやPayPayポイントをためている場合はこちらも要チェックです。

ニトリ(楽天市場店)

ニトリYahoo!店

カインズ 公式通販サイト

カインズ – Amazon.co.jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次