MonoLabo

labo

第5回 バズるノベルティグッズをつくるためには?

突然ですがみなさん、もらったノベルティグッズを外で使ってますか?家の中で使ってますか?そもそももらわない?
ノベルティグッズを作っている側からすると、ノベルティグッズの良さは、購買率のアップ購買量のアップに加え、外で使ってもらうことで、波及効果も期待出来るところにあるので、とても広告効果の高い販促手法だと思っています。というか思いたい!
なので、是非みんなにノベルティグッズを外で使ってほしい!ノベルティグッズを外に出してあげてほしい!
ということで、ノベルティグッズ製作者側の思いがどのくらい届いているのかを測るために、ノベルティグッズを外で使ってくれているかのアンケート調査を行いました。調査概要は、全国15~69歳の男女2,384名を対象にしております。

 

1. ノベルティは使ってもらえているのか?

「ノベルティグッズは使ってもらってナンボ!」なので、実際にノベルティグッズを使ってもらっているのかをアンケートで聞いてみました。すると、ノベルティグッズを外でも使う人は24%で、もらった人のうち約4人に1人は外でも使ってくれている!

図1 もらったノベルティグッズの使い方について

じゃあ、どういう人が外で使ってくれるのかを明らかにしたい!ということで、性別年代別で見てみると、

図2 性別年代別ノベルティグッズを外で使う人

意外?にも10代の女子がもっとも高い!これはチャンスな気がする!!流行発信のスタートは、10代の女子なので、この人たちみんなが持っていたら、必ずバズる(はず!)。一方で、女性は年齢が上がるにつれて、ノベルティグッズを外で使う人が減少していくという残念な結果に。女性社員にこの結果をみ見せると、「40~50歳にもなって、ノベルティグッズ使ってたら、ちょっと恥ずかしいよね~」というノベルティ製作会社に勤めている社員にあるまじき返答。とは言いつつ、アンケート結果と女性社員の言葉を受け止めると、40~50歳の女性向けをターゲットにノベルティグッズがもらえるキャンペーンをしても、ノベルティグッズを外で使ってもらえないので、グッズによるプロモーション効果が減少してしまう。なので、ノベルティグッズキャンペーンを行うなら10代女子をターゲットにすべき!

 

2. もらいたいノベルティって?

上記で、10代女子をターゲットに、「ノベルティグッズキャンペーンをやれば、バズるはず!」ということは分かりました。「分かればすぐ行動だ!」ということで「10代の女子が好きなノベルティグッズを作ろう!」「ちょっと待って、10代女子が好きそうなノベルティグッズって何?」「う~ん・・・、可愛いハンドタオルとか・・・??」所詮30代のしがない男が思いつくグッズはこれくらい。。。自分の感性は信じないようにしているため、アンケート調査を行いました。そして今回は、より現実のノベルティグッズがもらえるキャンペーンの状況に近くするために、「お店で9,000円の買い物をしたときに、どのようなノベルティグッズがあれば購入金額を10,000円まで引き上げても良いですか?」というような、形で聞いてみました。その結果は、、、

図3 10代女子が選ぶノベルティグッズ TOP3

10代女子の1位「モバイルバッテリー」2位「腕時計」3位「モバイルスピーカー」と、ガシェット系がランクイン!予想はアロマディフューザーやフェイスタオルなど、可愛いものがランクインすると思っていたのですが、やはり10代女性の感性と私の感性が大きくずれていることを再認識させられる結果に。このノベルティグッズの共通点を考えてみると、10代女子があまり買わないものがランクインしている気がする!確かに、家電量販店行って、モバイルバッテリーやモバイルスピーカーを購入している若い子はあまり見かけないし、腕時計もスマホがあれば十分なので、オシャレのためだけに、10代女子にはいいお値段する腕時計はわざわざ買わない(気がする)。それであれば、まだまだ友達と遊んだり、ごはん行ったりするのにお金を使いたいはず。ただ、モバイルバッテリーや腕時計、モバイルスピーカーはもあったら生活が若干便利になるもの。したがって10代女子がノベルティグッズでほしいものは、「別に買うほどでもないけど、あれば便利だよね!」と思えるもの!
ただ、これは、かなり難しい。なぜなら、10代女子に売れているものをノベルティグッズにしても、それは自分で買っちゃうから効果が低いということ。なので売れているモノを追いかけるのではなく、「これがあったら、少し生活が便利になるなー」という、日々の生活の中に、バズるノベルティグッズのヒントがある気がする。

 

3. まとめ

ノベルティグッズを使ってくれる人は意外にも、流行に敏感で、流行を作っている10代女子。そしてその10代女子は「普段買わないけど、あると便利なモノ」がノベルティグッズとしてついていると、アップセルにつながる
なので、私たちノベルティグッズ製作会社としては、もっと日々の生活の中で、「どのようなモノがあれば、生活が少し便利になるかなー」という視点を持つことが大切。そして、それが、バズるノベルティグッズを生み出すヒントになる!
いやー、バズるノベルティグッズを作りたい!

以上、MonoLabo第5回でした。

 

Writing by Sakuma

BACK

New Post