MonoLabo

core

オタクの推し事!グッズ収集の段

Coremono研究員 兼 「ハルたんを永遠に応援する会」 会員の田中です。
(ドラマ続編楽しみですね!!)

皆さん、8月のお盆はどのようにお過ごしでしたか?
弊社は長期休暇がありましたので、私も久々に地元に帰省して元気にオタ活をしておりました。
お墓参りもそこそこに、地元県外まで車をかっ飛ばして推しコンテンツの期間限定ショップに赴き、最大の目的である抽選会の景品を勝ち取りました。やったよ、、天国のおじいちゃん…!
期間限定ショップでは、描き下ろしのグッズや先行販売品、会場限定品など、さまざまなグッズが展開されていました。描き下ろしグッズがあまりにも素晴らしかったので、物欲が爆発し、私は量産型オタクのデフォルト形態、歩くATMとなったのでした。

~完~

 

グッズ収集のしかたは十人十色


帰省してまで地方の期間限定ショップに行ってグッズ買ってるのなんで?という、ちっともオタクの習性がわからない人向けに、今回はグッズ収集オタをざっくりカテゴライズしてみます!

ちなみに、「このコンテンツ今めっちゃ人気らしいやん、なんでも出せば売れるんちゃう??」…というオタクを食い物にしようする流行に敏感なそこの商売人!いつもお世話になってます!
既存絵の使いまわしアイテム、よくわからないイメージカラーアイテム、確かにわたくし共つい買ってしまうところある。しかし、一寸の虫にも五分の魂、オタクの狂気にも一瞬の理性。ちょっとくらいは考えて買ってるんだからね!
推しの前では理性も雲散霧消しがちなところがチャームポイントですが、「素晴らしいグッズであればあるほど手に入れたい」それがグッズ収集オタクです。
愛をもって良いグッズを製作していただける商売人様ならWelcome to OtaKatsu the world!

ちなみに私の場合、
「このグッズ気に入った!集めるなら全種!!!できれば最推しは3個以上ほしい!!!あと、このキャラだけだとこの子が寂しがるからあの子もその子も集めなくちゃ!!!!!」
という強欲&謎の使命感に駆られてグッズを元気に楽しく収集しています。

私のように気に入ったシリーズやアイテムがあればグッズ収集する人もいれば、グッズ収集しない人ももちろんいます。

・描き下ろしやアイテムが良ければ、必ず手に入れる「その100キャラットのダイアモンド私がいただくわ」オタク

・推しがそこにいれば全て回収する「なぜ山に登るのですか?そこに山があるからです」オタク

・グッズを無限回収する「この世のすべてを手に入れた海賊王ゴールド■ジャー」オタク

・ほぼグッズ収集はせず、本家コンテンツを骨の髄までしゃぶりつくす「たこ焼きの本家本元は大阪だ」オタク

etc.

そのなかでも最推しのみを求め続ける方や、全種類を収集する方もいます。
こんな感じで収集のしかたはオタクの数だけ十人十色です。

 

グッズを収集する心理


・グッズを購入することでコンテンツを支えている貢献の気持ち
・「生きる糧となりそして力となる。感謝…」のお布施
・そのグッズを所持していることでステータスに感じる
・推しを主張したい
・推しを感じたい
・推しに囲まれたい

さまざまありますが結局のところ
【推しがかわいい】
のひとことに尽きます。

SNSなどで推しの誕生日や記念日などに「壁一面・床一面にグッズをならべて写真を投稿する」、「推しを主張する手段として痛バッグを持ち歩く」といったこともそんな心理の現れです。
(そんな画像見たことないって方はSNSで「生誕祭、祭壇」「痛バ」などで調べるといろんなコンテンツの画像が出てきます)

グッズの数とコンテンツへの愛は比例するわけではないですが、グッズ収集はオタ活のひとつの楽しみ方!
オタクの気持ちや習性を知るとモノづくりのアイデアが広がるかもしれません。
それでは、モノづくりをされていらっしゃる皆様、愛のある素晴らしいグッズ製作を期待しております!

BACK

New Post